記憶のカケラ

何でもアリ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やらかした


記憶のカケラ




何の事か、おわかりになるだろうか?



同じ物2つもいらねえええええ




メールが来て初めて気づきました。
私、視聴用・保存用・布教用、なんてリッチな買い方しませんので…
キャンセルするのもなんかめんどくさいなぁ…あーあ。

にゃんこい!のジャケットで遊んでみた


記憶のカケラ





にゃんこい!1巻どす。
詳細なレビューはまた後日やりますが、おもしろいことを発見したのでちょっとお先に…



リバーシブルジャケット仕様となっており、
↑の通常ジャケットの裏にもう一つジャケット絵が用意されています。







記憶のカケラ




実際裏返すとこんな感じ、作中にも出てきたメイド服仕様になってます。
どうでもいいけど住吉のマンバ設定って必要だったのか…?




…まぁこれはこれでいいんですけど、なんか違和感ありません?




ん~




あ!




そうか、そういうことか!!












記憶のカケラ





完璧だ。

けいおん! Blu-ray (BD) 第7巻 レビュー

買うつもりはなかった…というか注文してたのを忘れてたんですが。
夏頃にやってたDMMの半額セールで注文してたんですね、けいおんの7巻を。
しかしなぜけいおんの7巻にしたのか…
確かまだ夏の段階ではBOX付きとか発表されてなかったはずなんですが。
まぁせっかく届いたものは見てみないと…というわけでけいおん7巻のレビューです。



記憶のカケラ
記憶のカケラ
記憶のカケラ


BOX付きでございます。
あれ、でも何か違和感が…


記憶のカケラ



実際のBOX絵はこちら。
ジャケット絵の帯(にしてはでかいけど)でBOXが覆ってあります。
まぁこのBOX絵のまんまだと何の作品かわかりにくいですね。



記憶のカケラ



BOXから取り出してみた。
1~6巻は買ってないんですが結構おふざけジャケットだったのは知っています。
この7巻は普通と言うか…普通かな 笑



記憶のカケラ



開いたところ。
どうでもいいけどけいおんは通常の青いケースでよかったんじゃないかな…




記憶のカケラ



変わったピクチャーレーベルだ 笑
そういえばいつもお菓子ばっかり食べてるしね。



記憶のカケラ



ケース内側の絵は梓の設定画。



記憶のカケラ



こちらは封入特典。
お着替えセットってなんだ!?どう使えばいいんだ??
ピックとか楽譜とかも宝の持ち腐れというか…
まぁこういうのはコレクションってだけですよねー



【画質】
地上派でもBSでも放送は一応見ていたんですが、かなりいい部類だと思いました。
各所でけいおん画質いい!と言うのは聞いていたのですが…
もともと地上波はサイドカットで、BSはワイド(ただしボケボケ)というのがTBSアニメです。
(※去年の秋放送のアニメからは地上波もワイドでHV画質になっていますが)
その地上波の画質が悪い、という事もあってか、かなり高画質な印象を受けました。
ハッキリクッキリというわけじゃないけど、作風もあるのでこれで良し。
無難と言えば聞こえが悪いですけど、全部これくらいの画質ならいいのに…と思います。


【音質】
リニアPCM、特にOP・EDはいいですねー
Blu-rayって画質ばかり注目されますけど、やっぱり音質の良さもぜひ体感していただきたい。
まぁ私はTVから垂れ流してるだけですけど、それでも音質の違いはわかりますよ。
響く感じというか、うーん、いいスピーカーなりヘッドホンが欲しいなぁ 笑


【物語】
番外編を2話収録。
「冬の日!」はTVでも放送されましたが、「ライブハウス!」はTV未放送。
前者はTVでもやってますので「ライブハウス!」の方だけ。

律の友達つながりでライブハウスでライブをする、というお話です。
ですが案の定というか、ライブシーンは(ほとんど)ありません 笑
全編日常的なシーンが続いて、ラスト5分くらいでライブが始まってそのまま終わる…という。
でもけいおんはそういうアニメなんですよね、悪口じゃないですよ。
たぶん普通のアニメなら、ライブハウス!というタイトルにした以上はライブシーン気合入れて作るんでしょう。
けいおんは逆です、ライブをしない、その過程に気合を入れて作ってあります。

このお話でも無駄なシーンがたくさん出てきます。
例えばライブハウスに提出する書類を書くシーン。
どの曲やるの?この曲はどんな曲?ライトはどう当てる?
そういったことを書くのですが、これがまたいちいち時間がかかる 笑

どうやって書けばいいんだろう?
唯が他のバンドに聞きに行く。
あーそっかーそうやって書けばいいんだー。次いこー
あれーこれはどうやって書けばいいんだろー?
また唯が他のバンドに聞きに行く…

普通なら削っていいシーンじゃないですか?
でもけいおんはそういうアニメなんですよね。
そしてこういうシーンにかわいらしい仕草で魅せる、うまいなぁ。


【特典】
上の画像にもありますが、BOX+封入特典+映像特典(オリジナルB面劇場・ノンクレOP2&ED)+音声特典(スタッフ&キャストコメンタリー)
BOXはまぁ何かしら使い勝手はあって良いかなと、結構オシャレな感じじゃないですかね。
キャストコメンタリー、メインキャスト5人でやってるですけど揃いも揃って


「ここかわいい~♪」

「唯かわいい~♪」



それだけかよ!!笑



【総評】
まー番外編2本+BOXですのでOVAと考えればお買い得ではないでしょうか。
私はDMM半額セールで買ったので3990円ですが…なんかすいません。



▽個人評価
・画質: 8/10
・音質: 7/10
・物語: 6/10
・特典: 7/10
・総評: 7/10 (点)

true tears Blu-ray BOX について

まず勝手にまとめます、大雑把なので細かいところは気にしないでください…

【true tears Blu-ray BOX販売への道のり】

<2009/08>

BDA(Blu-rayの団体?よく知りませんw)によるBlu-ray化して欲しいアニメ1位 true tears が選ばれる。


<2009/09>

BDAが晴れて投票で1位になったtrue tearsのBlu-ray化をお願いにバンダイビジュアルへ。



しかしこの段階ではバンダイビジュアルはBlu-ray化のつもりはないと否定。



<2009/11/05>

投票の様子を実況していた公式ブログ(以下ABIブログ)に謎の拡大画像がアップされる。
(どう見てもtrue tearsの登場人物がディスクを持っている画像)


<2009/11/06>

2ちゃんねるにtrue tearsが 完全予約受注限定生産商品として Blu-ray BOX化されるとリーク情報が。
※ただし入金が2000枚以上ないと製作されないとのこと。


・2010年3月26日発売 24,990円
申込期間 2009年11月10日~2009年12月16日
入金期間 2009年12月21日~2010年01月08日



<2009/11/10>

バンダイビジュアル・アニメ公式・制作会社…等々各種サイトで大々的に告知がなされる。


ここから申し込み期間中、ABIブログにて申し込み状況の実況が行われる。


<2009/12> 締め切り間近


ABIブログ、二度と手に入りません!を強調


<2009/12/17> 申し込み期間最終日翌日


申し込み期間を過ぎたはずが、なぜか追加で申し込み期間が設けられる。

2009年12月18日12:00 ~ 2009年12月21日12:00 まで。


<2009/12/21> 入金期間開始


<2010/01/04>

ABIブログにて、Blu-ray化決定(入金数2000突破)の記事が投稿される。
入金数が増えれば特典追加?との話。


<2010/01/07>

入金数が目標数値に達成ということで、追加特典で13話オーディオコメンタリーが発表される。


バンダイビジュアルからメール、入金者にはプレゼントで壁紙がもらえることに。


<2010/01/08> 入金期間終了


<2010/01/14>

なぜか公式サイトに追加予約・入金申込受付決定!の告知
「この商品仕様ならば、予約及び購入した」という意見が多かったとのこと。

予約受付期間 2010年1月15日10:00 ~ 2010年1月20日10:00
入金受付期間 2010年1月21日~2010年2月1日


<2010/01/15>

早期予約者・入金者はEFC(エモーションファミリークラブ)のポイントが倍(238p→476p)になるとメールが配信される。




さて長々となってしまいましたがここから本題。

true tearsは好きな作品のひとつで、このBlu-ray化の報を聞いたときはとても嬉しかったですし、当然即予約即入金しました。
入金数が2000を突破しBD化が決定したときの喜びもひとしおでした。


しかし、しかしですよ、ここからが重要です。


散々二度と手に入らないと煽って、期間過ぎてあとは到着を待つだけというときに追加予約受付???
しかも理由が「この商品仕様ならば、予約及び購入した」という意見が多かったから???
特典でオーディオコメンタリーが付く付かないで欲しくないが欲しい!になったりするんでしょうか…


まぁ完全予約受注限定生産ということでヤフオクで転売されてましたので、それは気持ちよくはなかったですが…
この追加予約でそういう転売ヤーから買わなくて済む人が増えるのはいいことなのですが…
なんか納得できないんですよ…なんでもかんでもはいそうですかって受け入れられないんですよ…


そんなもやもやした気持ちでいると、上記のポイント倍増メールがきてたわけですよ。
もう本気でバカにされてる気分になりましたね。
大体このポイントはバンダイビジュアルの商品と交換できるというだけのポイントです。
今回true tearsで初めてバンダイの商品を買う人や今後買う予定のない人にとってはまさに無用の長物なわけです。
(私はいろいろ買ってるのである程度ポイント溜まってますが…)
こんな申し訳程度の早期購入者特典を追加予約決定後に提示されても不快です、非常に不快です。
別に新たに早期購入者向けに特典をつけろと言うわけではありませんが、ちゃんと説明をして欲しいです。
追加予約受付の詳細な経緯、早期購入者に送信したメールの真意、ぜひ公式に答えていただきたい。


もちろんわかっています、バンダイビジュアルは企業ですから…
利益を追求するのは至極当然であり、このtrue tearsに関しても想像以上に反響があって追加予約の運びとなったのでしょう。
しかし、2000以上の入金がないと製作されないと知り、切にBlu-ray化を願って予約・入金したファンの気持ちはどうなのでしょうか?
あとは3月26日を待つだけだったのですが…この調子だとさらに追加で予約受付とかバンダイ通販限定販売とかありそう 笑



…なんか言いたいことが支離滅裂で申し訳ないですが、とにかく納得いきません。
本当にちゃんとした説明をしていただきたいものです。
前のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。